WEB広告手法|メール広告の特徴

サイトマップ 用語集



> W2Mトップページ > WEB広告手法 > メール広告

メールマガジン(メルマガ)広告

メールマガジンは、WEB上でメール配信されている各種の電子雑誌です。
国内の主なものは、読者数日本最大のまぐまぐをはじめ、日経BPや毎日新聞・ニフティなどが挙げられます。
メールマガジン広告は、その文中にテキスト形式でアンカーテキストを挿入しクリックにより広告主のサイトへアクセスします。
テキストは5行広告で挿入される形式が多く、掲載されるメルマガの内容・傾向を推測しそれに適した コピーライティングの技術があれば十分な効果は得られます。
しかし、テキスト形式であるため視覚的効果による興味・関心を得ることが難しいことや テーマによっては配信はされているが購読をしていない(配信停止の手続きをしていない)ユーザーも多数おり 実際の購読者数は配信数に比べ少ないという問題もあります。


WEB DM(ダイレクトメール)

ダイレクトメールは従来から行われてきたデータベースマーケティングの手法となりますが、WEBの技術を取り入れることで よりターゲットユーザーを絞ったアプローチができます。
ダイレクトメールを封書で送った顧客が、どんな商品に興味を持ったのか、来店されたのか、またダイレクトメール自体を 見てくれたのかといった顧客の行動は従来、掴みきれていませんでした。
WEB DMの技術を利用すれば、購入履歴はもちろんユーザーのアクセスログを辿った行動分析やダイレクトメールの開封の行動までが 把握できます。それにより、よりユーザーのニーズに適したパーソナライズドWEB DMが可能となります。
ただし、WEB DMはスパム・メールとして扱われることもありメルマガのように購読を承諾して受け取る情報ではないため 購読率・開封率は決して高いものではないことは考慮しなくてはなりません。

WEB広告手法インデックス
おすすめサイト
サイト情報
サイトについて

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!


▲ページのトップへ戻る

inserted by FC2 system