WEB広告手法|PPC(検索連動型)広告

サイトマップ 用語集



> W2Mトップページ > WEB広告手法 > PPC広告

PPC(検索連動型)広告の技術

PPCはSEM(検索エンジンマーケティング)手法の1つで、ユーザーが検索したキーワードに適合した広告主のサイトを、あたかも 検索結果として表示されたかのように掲載する広告手法です。
主要なものとしては、Google AdWords、Yahooオーバーチュアのスポンサードサーチが挙げられます。
ユーザーは、検索キーワードの上位に表示されたサイトで慣習により、自分のニーズと適合性が高いと感じるため従来のバナー広告やポップアップ広告 のような誘引性の高いPOPではないため、ユーザーに警戒心を与えることも少なくCTRは非常に高いものとなります。
また、サイトに関連したキーワードで検索を行った(=そのキーワードに対し目的を待った)ユーザーのアクセスが見込めるため、 必然とコンバージョン率のアップにも繋がります。

PPC広告の特徴

PPCはキーワードに連動して広告を表示させるため、検索キーワードの選定が重要な要素となります。
広告主は、検索キーワードを決める際に他の広告主との入札によってクリック課金単価が決められるため、 検索頻度の高いキーワードほど競争率も単価も上がります。
また検索頻度の高いキーワードは当然CTRも高くなるため、【クリック数×課金単価=広告コスト】の数式を考えるだけでもかかるコストの大きさが判ります。
現状のWEBプロモーションにおいて非常に有効な手段となりますが、資金力のある大手企業向けの戦略でもあり、 他の広告媒体・手段とのROIを慎重に検討した上での導入が必要です。

WEB広告手法インデックス
おすすめサイト
サイト情報
サイトについて

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!


▲ページのトップへ戻る

inserted by FC2 system