サイト分析|サイト分析手法

サイトマップ 用語集



> W2Mトップページ > サイト分析 > サイト分析手法

サイト分析の目的

WEBマーケティングの根本は、データベースマーケティングによるものです。
WEBサイトを運営する中で蓄積された膨大な情報を、整理・分析することによりユーザーの行動・思考の推測、 ターゲットユーザーの明確化、サイトの設計・コンテンツ内容の問題点といったサイト運営の方向性を決める 要素を的確に把握することができます。
客観的・数値的根拠に基づいた分析(検証)によるサイト運営は、WEBマーケティングにおいて必要不可欠の要素で その分析から考えられる問題点を挙げ、修正し(仮説を立て)、再度分析し修正を繰り返していくスパイラルを 積み重ねていくことがマーケティング(経営)の思考法です。


サイト分析手法

サイトの分析方法には、以下のような手法が採られます。

アクセスログ解析

サーバーに蓄積されたアクセスログを解析する手法で、PV回数の記録・ アクセス元の記録・検索キーワードの記録のデータなどのデータを見ることで、 サイト全体のアクセス傾向やユーザーの関心があるコンテンツ・キーワードを把握できます。 その他にも、直帰率や滞在時間の記録もされるためサイトの問題点の改善策としてのLPOなども立てやすくまります。

クッキー解析

WEBブラウザを利用してユーザーのパソコンにユーザーに関する情報を書き込み一時的に記録・保存するシステムで リピーターのアクセス回数や最終アクセス日などの行動履歴を蓄積することでより詳細なユーザー行動を分析できます。
これまでのクッキー技術ではサーバーごとで割りあてられるIDが全て違うため、サイト内の行動履歴のみの把握でした。
現在、docomoの携帯端末iDは全てのサイト共通となるためユーザーの行動履歴が全サイトに渡って記録され 個人情報の登録をすることで全てのサイトで情報が共有されるといったプライバシーの問題が生じています。

WEBリサーチ

WEB上でのアンケートはアンケート用紙の配布や人の手による回収・チェック作業が要らず短期間で大量の回答も望めます。 コストに関しても、抽選プレゼントやデジタルデータのプレゼントなどで実施すれば非常に低いコストで実施できます。 ただし、WEBを利用するユーザーの中でもアクティブなユーザーがターゲットとなりやすいため回答の偏りが起こることも 考慮した結果分析が必要です。

サイト分析|インデックス
おすすめサイト
サイト情報
サイトについて

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!


▲ページのトップへ戻る

inserted by FC2 system