CGM|CGMマーケティング

サイトマップ 用語集



> W2Mトップページ > CGM > CGMマーケティング

CGMマーケティング

CGMを利用しトラフィック数や会員数を増やす方法はいくつもありますが、ビジネス(利益)に結び付けることはまた別の テクニックは必要となり、ビジネスに結びつけやすいジャンルとそうでないものもあります。
具体的には、GoogleやAmazon・appleなどは、CGMの特性を最大限に活かしビジネスとしての有益性を確立させたサイトモデル となっていますが、Youtubeやlivedoorブログなど膨大なユーザーを抱える成功したCGMサイトにおいても、その資産価値を企業の 利益に直結できない状況も存在しています。
CGMを利用したWEBマーケテイングを成功させるには、その集積した「知」を活かすための「知恵」が必要不可欠であり、 多くの知識の中から本当に価値のあるものを選択し、それを1つの集合体として信頼できる情報発信ができるプラットフォーム を構築することが重要です


CGMマーケティングモデル

CGMを利用したマーケティングは、以下のようなモデルに分類されます。

広告型 コンテンツマッチ HP・ブログのテキスト・キーワードにマッチした広告を自動掲載し、クリック毎に課金されます。
検索連動広告 検索結果画面に検索キーワードに関連した広告を自動掲載し、クリック毎に課金されます。
CGMリンク集 CGMサイト管理者によりディレクトリごとに整理されたリンク集で、そのテーマにあった広告を掲載します。
キーワードリンク CGMサイトのページに含まれるキーワードそのものにリンクを張り、広告主のサイトに繋がります。
販促型 アフィリエイト HP・ブログにバナー(リンク)を張り、広告主のサイトに繋げます。ユーザーのアクションにより対価報酬が変わります。
また最近では、ドロップシッピング形態も増えてきています。
レビュー CGMに書き込まれた情報を利用して、ユーザーのアクションを促します。 Amazonなど
エスクロー型 コンテンツ課金 商品・サービスを有料販売できる課金決済システムを提供し、販売の際の手数料を得ます。 Vectorなど
オークション ネットオークションの場を提供し手数料を得ます。
データベース型 レコメンデーション ユーザーの購買履歴をデータベース化し、法則をつくりそれに合わせた販促を行います。 Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も〜など
ナレッジ共有 ユーザーからのナレッジ(情報)をデータベース化したものをサービスとして提供します。 スパムメール報告など
CGM|インデックス
おすすめサイト
サイト情報
サイトについて

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!


▲ページのトップへ戻る

inserted by FC2 system