マーケティング|マーケティングミックス(4P理論)

サイトマップ 用語集



> W2Mトップページ > マーケティング > マーケティングミックス

マーケティングミックス

マーケティングの役割は、顧客に対し自社の商品を提供するための基盤作りにあります。
マーケティングミックスとは、アメリカの経営学者フィリップ・コトラーによって提唱された「4つのP」をその基盤とする考え方であり 、以下の要素で構成されます。

「4つのP」とは

製品(Products)・価格(Price・流通(Prace)・販促(Promotion)の具体的内容は下記のようになります。
効率的なマーケティング戦略には、ターゲット顧客にあわせたマーケティングミックスの最適化が 重要な要因となり、日々変化する環境を分析しそれに合わせた最適化を継続的に行う必要があります。

「Products」〜製品

商品戦略を立てる際は、顧客のニーズの進化を考えなくてはなりません。
顧客が商品を選定する際に求める機能として、製品は3階層に分かれます。
初期段階ではコアベネフィット(顧客が根本的に求めている機能)を選定基準とし、 次の段階では提供形態(その他の機能的メリット)を基準とします。
そして、最終段階では保証・サービスなどの付随機能(付加価値)で商品選定を行います。

「Price」〜価格

価格設定は製品の価値を顧客に伝えるための重要な要素です。
通常は原価に対しコストと利益額を加算しますが、コストは商品価値とは無関係のため、 価格設定は、需要や他社製品の価格と比較した相対的な環境から行われることが適切です。 また、経営戦略におけるポジショニング(コストリーダーシップ・差別化・集中戦略) の取り方によっても価格設定は戦略的に変わってきます。
ポジショニング理論は、アメリカの経営学者マイケル・ポーターによって提唱された理論です。

「Prace」〜流通

流通チャネル(エンドユーザーまでの中間業者)は、その長さ・量・質による重要な要素となっています。
WEBの普及に伴い、0チャネルとしてメーカーのネット直販による中抜き現象(ディスエンターネディエーション)が生じてきており、 成功事例としてはDELLや外資系保険会社などが挙げられ、メーカーの意識改革へ繋がっています。
ただし、チャネルはモノを販売してもらう取引相手としての関係だけではなくメーカー顧客間の情報を相互に伝えるための 仲介役の関係にあり、現在まで培った資産(有益な関係)を放棄してまでの価値があるかの検討が不可欠です。 また、流通・チャネルは自社(内部)へのアクションではなく取引各社(外部)への働きかけになるため コントロールが難しく、指針変更の利きづらい要素となるため戦略策定には慎重を期す必要があります。

「Promotion」〜販促

プロモーション戦略で明確にすべきことは、誰に・何を・いつ・どのように伝えるかです。 セグメンテーションによりターゲットユーザーを選定し、目的・予算・テーマ・期間・利用媒体を設定します。
従来のプロモーション戦略は各媒体(メディア)を利用した発信者側から消費者への一方通行の情報伝達でした。
インターネットの普及により、WEB媒体による双方向の情報交換が可能となり、プロモーション戦略から コミュニケーション戦略へと変わってきています。

マーケティング|インデックス
おすすめサイト
サイト情報
サイトについて

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!


▲ページのトップへ戻る

inserted by FC2 system