マーケティング|ネットビジネス

サイトマップ 用語集



> W2Mトップページ > マーケティング > ネットビジネス

ネットビジネスと従来型ビジネス

インターネットの普及はビジネスにおける基盤要素を変え、企業はそれらの転換・見直しを求められることとなりました。 これまでのアナログ(物理)的基盤からデジタル(知・情報)的基盤へ価値は移行してきています。


事業内容
ネットによる協業で、自社の各事業(製造・販売・物流)の統合が必要なくなり、運営のスピード化・効率化が行われます。
資産
これまでの物理的資産(生産設備・流通網など)から情報・知識・顧客データベースなどの知的資産へと資産の評価・価値が移行されます。
市場
コスト・資産の制約で市場の拡大・新規参入は適応した規模で行われていたものが、ネットビジネスにおいてはコストによる 制約は大きくなく規模の拡大は行いやすくスピードのある企業が利益を生みます。
情報
従来の企業のみが持つ情報は共有の傾向が進み、消費者からの情報発信が価値を持ち始めます。
セグメンテーション
パレートの法則による20%の顧客で80%の売上を構成する消費構造では、20%の顧客にセグメンテーションを行っていましたが ネット販売はニッチ(残り20%の売上)の部分まではカバーします。

ネットビジネスの特性

ビジネスにインターネットを採りいれることで得られる特性は次のような点があります。

マーケティング|インデックス
おすすめサイト
サイト情報
サイトについて

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!


▲ページのトップへ戻る

inserted by FC2 system