SEO|考え方と本質

サイトマップ 用語集



> W2Mトップページ > SEO > SEOの考え方

SEO(検索エンジン最適化)の考え方

「SEM(検索エンジンマーケティング)におけるSEO」
SEMは、WEBマーケティングのプロモーション戦略の中で柱石となるものです。
最近の消費者行動のプロセスにおいては、大多数のユーザーがSearch(検索)を行い自分の必要とする情報を探し、その手段は インターネット環境を利用した検索エンジンサイトによるキーワード検索が大半を占めます。
検索結果の1ページ目(上位)に表示されるということは、以下のような効果があります。

そのための手法としては、大きく2つありYahooオーバーチュアのスポンサードサーチやGoogle AdWordsといったPPC(検索連動)広告によるサイト表示と SEO(検索エンジン最適化)の導入による検索結果の上位表示です。


SEO(検索エンジン最適化)の本質

SEOを検索結果の上位表示のための手法と捉える考え方が主流となっていますが、 その本質は、WEBサイトの品質に対し適切な評価を行うための手段であり、 それぞれのサイトの品質を向上を目的として施されるものです。 サイトの品質とは、

サイトがユーザーに意義のある、高品質のサイトと位置づけられます。
様々なSEOのテクニックは存在しますが、マーケティングの視点からみれば なによりも重要なことはやはり、内容(中身)に惹きつけるモノがあるかということです。


SEOの本質【情報とリンクポピュラリティ】とは

SEOにおけるサイトの情報とは、コンテンツの提供がテキスト形式であることが第一条件となります。
画像やフラッシュなどによるコンテンツは、検索エンジンが情報を読みとれないだけでなく 音声読み上げ対応ブラウザへの未対応や処理の遅いブラウザ・回線を利用するユーザーのストレスといった ユーザビリティ・アクセシビリティにおいての問題も存在します。
情報の内容は検索キーワードとサイトのテーマに沿ったコンテンツの作成が軸となり、 メインのキーワードには関連するコンテンツを2〜3つ、 その他のキーワードも最低1つ以上のコンテンツを用意しておく必要があります。 また、情報の量・質を十分に用意するだけではなくその情報(目的)までユーザーがストレスを感じずに 辿りつくことができるサイト構造も重要です。
・3クリックの原則:3クリック内でどの情報にも辿りつくことができるサイト構造
・3秒ルール:画面表示は3秒以内に行う
支持を受けるということは、ユーザーからリンクを受けることです。
ユーザーは個人であり、企業であり、また同業のWEB制作者も含まれます。 検索エンジンは、この被リンクの評価によるサイトの重み付けを重視しており、 量だけでなく質:リンク元サイトのテーマの関連性も評価されます。

SEO|インデックス
おすすめサイト
サイト情報
サイトについて

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!


▲ページのトップへ戻る

inserted by FC2 system